ABAP~SAP ERP専用プログラミング言語

公開日: : SAP ERP

ABAP(正式にはABAP/4と表記)とは、SAP ERPシステムで使用される手続き型プログラム言語です。 SAP ERPシステムと一部関連システムのみ動作しますが、この言語では以下のようなことが可能な基幹業務システム向けのアプリケーション構築に用いられます。

【主にできること】

・画面制御(配置、項目表示/非表示、各種入力チェック)

・データ抽出(SQL、物理/論理ファイル読込)

・データ編集(文字列操作、四則演算、など)

・メッセージ処理

・オンライン処理、バッチ処理

【言語の特徴】

近年よく言われるオブジェクト指向型ではなく、COBOLに代表されるような上から下まで一連の処理をズラ~と書き連ねる手続き型と言われる記述法で書かれます。(最近は、そうでもなくオブジェクト指向型で書かれる傾向がありますが)

実際、ABAPもCOBOLを元に開発された言語ですので、記述方法もよく似ているのでCOBOLをやったことがある人にとっては、とっつきやすく習得しやすい言語ですね。

プログラムを編集するエディタは、専用のABAPエディタを用いて編集します。(NetWeaver7.20からはEclipseでも編集可能だそうです。やったことありませんが) プログラムの特徴としては、関数を多用しているため非常に簡素な記述内容でもそれなりの処理が可能な点です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

no image
S4 HANA 外貨評価 評価基準日

障害発生時に気づかなかったのと、SAPヘルプポータルで記載がなかったの

no image
SAP S/4 HANAの全体像を抑える

S/4 HANAに移行するプロジェクトが増えてきている中で、いったいS

no image
[SAP PS]プロジェクトとWBS要素のステータス一括更新

以前だと、プロジェクトやWBS要素のステータスを更新する場合にはプロジ

no image
[SAP PS]計画・実績計算と仕訳計上

プロジェクト・WBS要素を用いた計画と実績管理を行うプロジェクトで、

no image
[SAP PS]プロジェクトに紐付けできるWBS要素数

定義したプロジェクトに紐付けられるWBS要素の最大数は10,000だそ

→もっと見る

PAGE TOP ↑