ABAPの動作形態

公開日: : ABAP, SAP ERP

タイトルのうまい表現が思いつきませんでしたが、ABAPプログラムは大きく分けて以下の形態で動作します。中身のソースはABAPプログラムで書かれていますが、用途によって以下のように分かれています。

  • レポートプログラム(一つの業務プロセス単位の処理)
  • Includeプログラム(複数のルーチンを含むプログラム群)
  • Dynproプログラム(画面制御)
  • 汎用モジュール(一つのまとまった機能)
  • Exit(SAP標準機能への追加ルーチン)
  • BAPI(API)
  • BADI(SAP標準機能への追加機能)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

no image
S4 HANA 外貨評価 評価基準日

障害発生時に気づかなかったのと、SAPヘルプポータルで記載がなかったの

no image
SAP S/4 HANAの全体像を抑える

S/4 HANAに移行するプロジェクトが増えてきている中で、いったいS

no image
[SAP PS]プロジェクトとWBS要素のステータス一括更新

以前だと、プロジェクトやWBS要素のステータスを更新する場合にはプロジ

no image
[SAP PS]計画・実績計算と仕訳計上

プロジェクト・WBS要素を用いた計画と実績管理を行うプロジェクトで、

no image
[SAP PS]プロジェクトに紐付けできるWBS要素数

定義したプロジェクトに紐付けられるWBS要素の最大数は10,000だそ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑