相手に伝えて理解してもらうために

公開日: : その他

最近よく思うこと、「コミュニケーション相手に自分の意思を伝え、理解してもらうことの難しさ」とその逆である「相手の意図を汲み取り、理解することの難しさ」

いろんな場面でいろんな人が言う、、、例えば、、、

  • コミュニケーションの成否は、相手の取り方次第
  • 伝える側の責任
  • 調整役の人間は、双方の意図を素早く感じ取る

などだ。

いずれも正しいように聞こえるし、ケースバイケースだと思う。

正しくは、使う場面や相手によってコミュニケーション手段を使い分けるが正しい。
と最近強く思うことが多い。

本当にコミュニケーション能力のある人っていうのは、そういう手段を場面に応じて使いこなせる人なんだろうな。。。と

私個人的に出来ているかというと、まだまだな部分がありますが。
ちゃんとできるようになれば、強みになるな~と思う。

コミュニケーション相手がどういう人か?それを即座に感じ取り、次の行動・言動につなげていこうと思う。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

no image
S4 HANA 外貨評価 評価基準日

障害発生時に気づかなかったのと、SAPヘルプポータルで記載がなかったの

no image
SAP S/4 HANAの全体像を抑える

S/4 HANAに移行するプロジェクトが増えてきている中で、いったいS

no image
[SAP PS]プロジェクトとWBS要素のステータス一括更新

以前だと、プロジェクトやWBS要素のステータスを更新する場合にはプロジ

no image
[SAP PS]計画・実績計算と仕訳計上

プロジェクト・WBS要素を用いた計画と実績管理を行うプロジェクトで、

no image
[SAP PS]プロジェクトに紐付けできるWBS要素数

定義したプロジェクトに紐付けられるWBS要素の最大数は10,000だそ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑