中高年のIT活用能力の低さを感じる

公開日: : その他

ERPの導入プロジェクトや保守運用をメインにしてきたことと、メーカーで社内SEを経験していると中高年のITリテラシーの低さが目立つという話
当然ITが本業じゃない方ばかりなので、仕方ないとも言えますが、かなりひどい。。。

先日、OECDが調べた文章読解力等の領域で日本人が1位になったことと、その主な要因となる層が中高年ということからも素晴らしい教育を受けてきた成果だと感心したものです。
一方で、ITの活用に至っては韓国などのIT先進国から比べると低レベルに留まっている状況のようでした。

ITなくして今の日本企業(どの分野も)ではオペレーションは成り立たないと思いますが、現実として現場の中高年はそこまでIT活用ということを考えていないようです。

社内SEをしているとよく言われるのが、「よくわからんし、覚えるのめんどくさい」という言葉

より生産性を高めて効率よく業務を行ったり、日次・週次・月次などで定型的に行われる付加価値の低い作業はPCにやらせるといったことも今では当たり前になっている。人は、もっと高付加価値の仕事をやるべきで、低付加価値の業務をやる時間を減らすべきだと思います。

それをIT導入によって実現するはずなんですが、、、痛いことに活用以前にITリテラシーがとても低いのです。(特に中高年)

一番業界や業務のことに詳しいはずで付加価値の高いアウトプットを出せるはずの方々が、たかがPC操作のようなもので躓いているのを見ると複雑な気持ちになります。

慣れれば大したことがないのでしょうが、慣れるまでに相当時間が掛かるのがネックになってしまって前に進まない場面によく出くわします。

できないことは人にやってもらおうとする方がほとんどですが、こちらもサポートするためのリソースが足りないし、何より同じことを何度も聞かれるのがツラいんですね~。

マニュアルを作っても読まない、読みたくないといった感じです。

中高年のITリテラシーを高めることでもっと会社の業務が強固になるように思うのですが、なかなかいい知恵が出ませんね。

これをサポートするのも一つのビジネスになりそうですね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

no image
S4 HANA 外貨評価 評価基準日

障害発生時に気づかなかったのと、SAPヘルプポータルで記載がなかったの

no image
SAP S/4 HANAの全体像を抑える

S/4 HANAに移行するプロジェクトが増えてきている中で、いったいS

no image
[SAP PS]プロジェクトとWBS要素のステータス一括更新

以前だと、プロジェクトやWBS要素のステータスを更新する場合にはプロジ

no image
[SAP PS]計画・実績計算と仕訳計上

プロジェクト・WBS要素を用いた計画と実績管理を行うプロジェクトで、

no image
[SAP PS]プロジェクトに紐付けできるWBS要素数

定義したプロジェクトに紐付けられるWBS要素の最大数は10,000だそ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑