オープンイノベーションを実践する企業側のマインド

公開日: : OpenInnovation

周りを見てみるとオープンイノベーションに取り組むって、中小企業だと割と普通のことなのかな〜?という気がしています。

自分が住む東大阪を見てみると、中小企業各社が得意なことを生業としているけども、それぞれが技術やアイデアを持ち寄って、何か新しいことに取り組むということはオープンイノベーションという言葉が流行る以前からあったように思いました。

例えば、だいぶ前だが2002年、東大阪の中小企業が集まって人工衛星「まいど1号」を打ち上げた事例がありますね。

その後、オープンイノベーションという言葉ができたという流れが未だに理解できておらず。
それ以前からあるものが、なぜ、そういう言葉が生まれたのか?背景とか、わざわざこう言った言葉を作った狙いのようなものを知りたいですね。

何か狙いがありそうですね。。。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

no image
S4 HANA 外貨評価 評価基準日

障害発生時に気づかなかったのと、SAPヘルプポータルで記載がなかったの

no image
SAP S/4 HANAの全体像を抑える

S/4 HANAに移行するプロジェクトが増えてきている中で、いったいS

no image
[SAP PS]プロジェクトとWBS要素のステータス一括更新

以前だと、プロジェクトやWBS要素のステータスを更新する場合にはプロジ

no image
[SAP PS]計画・実績計算と仕訳計上

プロジェクト・WBS要素を用いた計画と実績管理を行うプロジェクトで、

no image
[SAP PS]プロジェクトに紐付けできるWBS要素数

定義したプロジェクトに紐付けられるWBS要素の最大数は10,000だそ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑