SWOT分析

公開日: : MBA

様々な分析方法があるが、この手法は分析をするというよりも分析した結果をプレゼン相手に伝わりやすいように整理するためのツールと言った方が的確と言われています。

S:強み(Strong)

W:弱み(Weakness)

O:機会(Oppotunity)

T:脅威(Threat)

それぞれの要素にまとめられた結果から何が言えそうか?を解釈する。という流れでプレゼン資料を作ると分かり易いという見せるための枠組みです。
もちろん、いきなりこのSWOT分析で分析しても良いと思います。というかそういう使い方の人がほとんどだと思いますが。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

no image
S4 HANA 外貨評価 評価基準日

障害発生時に気づかなかったのと、SAPヘルプポータルで記載がなかったの

no image
SAP S/4 HANAの全体像を抑える

S/4 HANAに移行するプロジェクトが増えてきている中で、いったいS

no image
[SAP PS]プロジェクトとWBS要素のステータス一括更新

以前だと、プロジェクトやWBS要素のステータスを更新する場合にはプロジ

no image
[SAP PS]計画・実績計算と仕訳計上

プロジェクト・WBS要素を用いた計画と実績管理を行うプロジェクトで、

no image
[SAP PS]プロジェクトに紐付けできるWBS要素数

定義したプロジェクトに紐付けられるWBS要素の最大数は10,000だそ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑