社会人大学院のススメ②

公開日: : MBA

考え方を学ぶ

恐らく、ビジネススクールへ通うきっかけの一つとしては自分自身のスキルを高める為、というのが多いと思います。 しかし、何から学ぶべきなのでしょうか。私も私の周りの経験者は恐らく一致した意見と思いますが、ビジネススクールで学び始めて一番最初に学ぶべきことと言えば、「思考法」(考え方を学ぶ)ではないかと思います。

みなさん、それまで生きてきた中で考え方を学ぶということはあまりしてこなかったのではないでしょうか。 特に、なんだかよくわからない問題(課題を自分から見つけるようなものなど)を解こうと思うと何から手を付けてよいかわからないなんてありませんか。

私もビジネススクールで困ったのは、上記のようなよくわからない問題をどう捉えて(どこが問題で、どんな問題が潜んでいるのかを具体的に理解する)、 どうやって解決していくか(明確になった問題点をどういう解決策で解決するか。それはいつ、だれが、どうやって行うのかまで)、を考えることでした。

それまでのキャリアの中で、顕在化して見えている問題ばかりに目を向けて対処してきたこともあって、課題を探す。 ということに慣れていませんでした。

ビジネススクールでは、各種フレームワークを使って与えられたケースをいろいろな角度から分析しますが、これらのフレームワークも思考法なければ、役に立ちません。 問題を広くとらえ、根幹となる問題をあぶり出して手を打っていく。これらをできるようにするのがビジネススクールで学ぶことの意義であると思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

no image
S4 HANA 外貨評価 評価基準日

障害発生時に気づかなかったのと、SAPヘルプポータルで記載がなかったの

no image
SAP S/4 HANAの全体像を抑える

S/4 HANAに移行するプロジェクトが増えてきている中で、いったいS

no image
[SAP PS]プロジェクトとWBS要素のステータス一括更新

以前だと、プロジェクトやWBS要素のステータスを更新する場合にはプロジ

no image
[SAP PS]計画・実績計算と仕訳計上

プロジェクト・WBS要素を用いた計画と実績管理を行うプロジェクトで、

no image
[SAP PS]プロジェクトに紐付けできるWBS要素数

定義したプロジェクトに紐付けられるWBS要素の最大数は10,000だそ

→もっと見る

PAGE TOP ↑