やはり、メディアを持つということの重要性を感じた

公開日: : 事業アイデア

今日も東京⇔大阪間をSkypeを使った仕事の打ち合わせを終えた。

打ち合わせを終えて再認識させられたのは、「メディアを持つ」ことの重要性でした。

メディアそのものでお金を稼いだりすることはないけれど、情報発信者と受信者をつなぐプラットフォームとしての役割を担う。

結果、広告主が広告掲載を依頼したり、イベント、スポンサーを買って出てくれる。または、新たなビジネスに発展することもあるかもしれない。

つまりは、ビジネスをより大きくできる可能性をメディアを持つことによって最大化する。
情報を発信し、受信する読者を増やし、読者の多さに価値を感じる人や企業から、アライアンスの提案があったりする。様々なアライアンスの方法もあるかもしれない、業務提携・資本提携・M&Aなどだ。

単発でビジネスをする。モノを作って売ったり、サービスを提供したりするなど、本業のみで事業が完結してしまうケース。

そうではなくて、メディアを持つことで自社のリソース以外にも多くの外部リソースを取り込める可能性ができる。といった話をしていて、改めてメディアを持つことの重要性を認識した。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

no image
S4 HANA 外貨評価 評価基準日

障害発生時に気づかなかったのと、SAPヘルプポータルで記載がなかったの

no image
SAP S/4 HANAの全体像を抑える

S/4 HANAに移行するプロジェクトが増えてきている中で、いったいS

no image
[SAP PS]プロジェクトとWBS要素のステータス一括更新

以前だと、プロジェクトやWBS要素のステータスを更新する場合にはプロジ

no image
[SAP PS]計画・実績計算と仕訳計上

プロジェクト・WBS要素を用いた計画と実績管理を行うプロジェクトで、

no image
[SAP PS]プロジェクトに紐付けできるWBS要素数

定義したプロジェクトに紐付けられるWBS要素の最大数は10,000だそ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑