フレームワーク 問題解決の4P

公開日: : 事業アイデア

ビジネスを新しく構築する!と漠然と決めたものの「何をするか」がなかなか決まらず思考が停止するということがある。ビジネスになりそうな製品・サービスを考えるもよし、世の中の困っている人の抱える悩みを探して、それを解決にもっていくための方法をビジネスとするもよし。いろいろ事業を立ち上げるための手段があると思います。

今回は、このビジネスのタネを見つける一つの手法としてのフレームワークを紹介します。

このフレームワークは「問題解決の4P」といって、問題の輪郭を明確化するための思考ツールで、4PのPは次の4つからなります。

  • Purpose
    • 何のために問題解決をするのかという目的
  • Position
    • 誰にとっての問題か
  • Perspective
    • 問題の範囲
  • Period
    • どのタイミングの事象を問題と捉えるのか

どのような人たちに、どういった問題を、いつ・どれくらい解決するのがいいか?を考えて整理するためにはよいツールではないかと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

no image
S4 HANA 外貨評価 評価基準日

障害発生時に気づかなかったのと、SAPヘルプポータルで記載がなかったの

no image
SAP S/4 HANAの全体像を抑える

S/4 HANAに移行するプロジェクトが増えてきている中で、いったいS

no image
[SAP PS]プロジェクトとWBS要素のステータス一括更新

以前だと、プロジェクトやWBS要素のステータスを更新する場合にはプロジ

no image
[SAP PS]計画・実績計算と仕訳計上

プロジェクト・WBS要素を用いた計画と実績管理を行うプロジェクトで、

no image
[SAP PS]プロジェクトに紐付けできるWBS要素数

定義したプロジェクトに紐付けられるWBS要素の最大数は10,000だそ

→もっと見る

PAGE TOP ↑