【3月14日(木)新大阪】教育事業の実際&昇り行くアジアの今をお伝えするセミナー開催

公開日: : 事業アイデア

今、改めて注目されている教育事業、昇り行くアジアのビジネスチャンス、この二大テーマをベースに大阪のGlobis経営大学院にてグロービスアントレプレナーズクラブ(GEC)大阪主催のセミナーを開催します。

教育を民間から変革を興そうと事業を立ち上げられた方々を東京からを含めて、お招きします。既存の教育の問題点と登壇者が教育ビジネスを通じてどういった問題を解決すべく起業に至ったのか?また、実際に事業を興した後の苦労話やその成果などをリアルに語って頂きます。

アジアを中心として各国事情に詳しい方を東京からお招きし、アジアを中心とした海外の状況をご報告して頂きます

このイベントに参加することで、二つの大きなテーマである教育関係で事業を興したいと考えている方、海外市場をご検討の方にはとても参考になると思います。是非とも足を運んで頂けたらと思います。

【開催概要】

日時:2013年3月14日 19:00~21:00(18:30受付開始)
場所:グロービス経営大学院 大阪校 102教室
JR新大阪駅間近
http://gms.globis.co.jp/osaka/inquiry/index.html
参加費:1500円(登壇者への足代として)
参加枠:60名

【懇親会】2013年3月14日 21:30~23:30
予算3,000円 店「月の雫 新大阪店」
http://r.gnavi.co.jp/k367411/map/

参加希望者は下記イベントページより、「参加する」ボタンをクリックしてください。
https://www.facebook.com/events/435145126565994/

【スケジュール】

18:30 開場

■ 第一部 教育での起業事例報告

19:00 – 19:05 ご挨拶 GEC大阪代表 小西 氏

19:05 – 19:20
【タイトル】民間学童保育に求められる教育的要素
~起業から3年で見えてきたもの~
【講師】今井浩治 氏

19:20 – 19:35
【タイトル】グロービスの成長の軌跡
~創業から現在までに乗り越えた3つの壁~
【講師】加藤 剛広 氏

19:35 – 19:50
【タイトル】通信制高校を変えていく挑戦
【講師】今井紀明 氏

19:50 – 20:05
【タイトル】「教育」というテーマで起業するということ
【講師】鈴木規文 氏

休憩 20:05 – 20:10

20:10 – 20:40 「教育」パネルディスカッション

■ 第二部 海外市場動向

20:40 – 21:00
【タイトル】アジアを中心とした海外の市場動向
【講師】合田George氏

※ 21:15までに退出必要です。

【講演者ご経歴】

■ 鈴木 規文氏

Next MarketおよびOpen Meet UpのCEO
カルチュアコンビニエンスクラブで経営企画室を経て、コーポレート管理室長(兼)財務グループIRチームリーダー(兼)人事グループ人事リーダー。その後、次世代型アフタースクール『キッズベースキャンプ』を創業し、東京急行電鉄に事業売却。同社取締役を退任後、株式会社ネクストマーケットを設立、代表取締役就任。さらに2012年3月、01Boosterを運営する株式会社オープンミートアップ共同創業、代表取締役就任。グロービス経営大学院修了。

■ 今井 浩治氏

なかま塾代表。グロービス経営大学院2008年入学、起業に伴い、1年間休学の後、2012年卒業。株式会社フジシールにてフィールドエンジニア、メカニカルエンジニアを経て、2002-2006 Fuji Seal Europe BV(オランダ)に駐在。オランダで4年間メカニカルエンジニア、プロジェクトエンジニアとしてヨーロッパ・アメリカ・アジア・日本各国のプロジェクトに携わる。2008-2009ダイキン工業株式会社にて海外向け商品企画を担当。37歳で同社を退職。大阪に新しいアフタースクールを創るため、グロービス経営大学院在学中の2010年1月、株式会社エム・ディ・アイ創業。

■ 加藤 剛広 氏

青山学院大学理工学部卒業、同大学院理工学研究科修了。
大手メーカーにて通信制御の研究・開発を経てネットベンチャーの立上げに参画。経営陣の一員として事業統括、新規事業の企画・運営や新会社設立などに従事。株式会社グロービス入社後はアセスメント事業の統括や経営管理、法人営業等を担当したのち、現在はe-Learningとアセスメントテスト等のプロダクト事業の統括と大学院の創造系コンテンツの開発を兼務。思考、マーケティング、ネットビジネス関連科目の講師

■今井 紀明氏

特定非営利活動法人D×P(ディーピー)共同代表。
2010年立命館アジア太平洋大学卒業。2004年にイラクの医療支援のNGOの代表としてイラクに渡り、人質に。5年間精神的に落ち込み、対人恐怖症にも陥った時期もあったが友人たちに助けられ大学卒業後、大阪の専門商社に勤務。トレーダーとして働きながら、D×Pの前身を立ち上げ2012年起業。現在はD×Pで通信制高校向けキャリア教育事業や大学・専門学校で中退予防事業を行っている。

■ 合田 ジョージ氏

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在はWEGLO Japan(株)にて海外展開のプラットフォームを提供

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

no image
S4 HANA 外貨評価 評価基準日

障害発生時に気づかなかったのと、SAPヘルプポータルで記載がなかったの

no image
SAP S/4 HANAの全体像を抑える

S/4 HANAに移行するプロジェクトが増えてきている中で、いったいS

no image
[SAP PS]プロジェクトとWBS要素のステータス一括更新

以前だと、プロジェクトやWBS要素のステータスを更新する場合にはプロジ

no image
[SAP PS]計画・実績計算と仕訳計上

プロジェクト・WBS要素を用いた計画と実績管理を行うプロジェクトで、

no image
[SAP PS]プロジェクトに紐付けできるWBS要素数

定義したプロジェクトに紐付けられるWBS要素の最大数は10,000だそ

→もっと見る

PAGE TOP ↑