日本のモバイルビジネス拡大!?

公開日: : 事業アイデア

TechCrunchの記事を読んでいて、非常に面白いことになってきたな。というものがあったので自分なりの感想と意見などを書いてみました。

日本のモバイルビジネスがiOSとAndroidに本格的にシフト中

という記事です。

日本が米国を抜いてGoogle Playが一番儲かる市場になったそうです。日本の安倍政権が生まれた2012年末までの円高が強く影響しているとは言え、フィーチャーフォン(ガラケー)からスマホへとユーザーが移行していっている今の日本の携帯市場を反映しているのでしょうね。

これからもっとスマホが浸透していったら、もっと面白い市場になるかもしれません。

特に、高齢者(最近70歳になるうちの親父もiPhone5ユーザーになりました)へのスマホの浸透がもっと進むとしたら新たなサービス、アプリが生まれるように思います。特に、単なるスマホアプリで完結するものではなくて、リアルビジネスとの組み合わせで新しいものがどんどん出そうな気がします。

医療、福祉、生活一般、終活(不謹慎?)など。これからITとリアルの融合がさらに進みそうです。

私もこのチャンスに漏れず、遅れず参入しようと画策中です!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

no image
S4 HANA 外貨評価 評価基準日

障害発生時に気づかなかったのと、SAPヘルプポータルで記載がなかったの

no image
SAP S/4 HANAの全体像を抑える

S/4 HANAに移行するプロジェクトが増えてきている中で、いったいS

no image
[SAP PS]プロジェクトとWBS要素のステータス一括更新

以前だと、プロジェクトやWBS要素のステータスを更新する場合にはプロジ

no image
[SAP PS]計画・実績計算と仕訳計上

プロジェクト・WBS要素を用いた計画と実績管理を行うプロジェクトで、

no image
[SAP PS]プロジェクトに紐付けできるWBS要素数

定義したプロジェクトに紐付けられるWBS要素の最大数は10,000だそ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑