人材紹介会社で人材コンサルタントと面談してみた

公開日: : 夢・目標

先日、自分の価値を測るということを記事にしてみましたが、LinkedIn経由で人材コンサルがわんさか「つながりリクエスト」をしてきてくれることと、会社に直接電話してこられて結構迷惑している部分もあって転職活動をするつもりではなかったのですが、会ってみるだけならということで面談を引き受けました。

今回の面談の目的としては、久しぶりに自分の値段はいくらくらいなのだろうか?
自分の経験してきた業界の市場動向は今どうなっているのだろうか?ということがふと気になって面談ついでにコンサルタントに質問してみる機会を得ました。

  • 国内での私の経験とスキルが活かせそうな会社とこれから自分が伸ばしていきたいスキル・経験についても話をすることができたこと。
  • 外資系への転職可能性、エンジニアからプリセールス、セールスへのスキル転換・キャリア転換の可能性も含めて今後検討したい。

ということを伝えました。

経営学修士という学歴はあまり意味を成さない感じでしたが、経験は買ってくれているようでもう少し経歴のディテールをレポートにまとめ直してほしいとリクエストされて面談が終わりました。

全体的に好感触で、外資大手IT企業へ紹介するとか、世界的なコンサル会社へも紹介してもらえることになりました。(ま、起業するつもりなので転職する気はないんだけど)

今回は人材コンサルだったので、事業会社側の人事がどういった査定をつけてくるかはわかりませんが、このまま転職活動をすれば自分の価値は明確に測れそうです。

実際に面談を受けてみたそのままをレポートしてみました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

no image
S4 HANA 外貨評価 評価基準日

障害発生時に気づかなかったのと、SAPヘルプポータルで記載がなかったの

no image
SAP S/4 HANAの全体像を抑える

S/4 HANAに移行するプロジェクトが増えてきている中で、いったいS

no image
[SAP PS]プロジェクトとWBS要素のステータス一括更新

以前だと、プロジェクトやWBS要素のステータスを更新する場合にはプロジ

no image
[SAP PS]計画・実績計算と仕訳計上

プロジェクト・WBS要素を用いた計画と実績管理を行うプロジェクトで、

no image
[SAP PS]プロジェクトに紐付けできるWBS要素数

定義したプロジェクトに紐付けられるWBS要素の最大数は10,000だそ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑