WordPressの活用

公開日: : WordPress

一昔前だと、Webオーサリングツール(HomePageBuilder、DreamWeaverなど)を使ってWebサイトを構築していましたが、 現在だとWordPress(ワードプレス)に代表されるCMS(Contents Management Systemの略)を使ってWebサーバー上で、サイトを構築・運営するのが一般化してきています。 以前だと、一ページずつツールを使ってページを制作しては、既存のページとリンクさせる設定をしていました。 非常にめんどくさかったわけです。

しかし、CMSの普及によって今日Webサイトの運営は飛躍的に簡単になりました。 以前だとシステム会社からとてつもなく高額なWebサイト構築費用を請求されるユーザーが多かったのですが、これだと自分で調べながらWebサイト構築が可能ですし、運営も楽なのでコストも非常に低く運用できます。 自社で独自にCMSを構築して高額なWEBサイト構築している会社も実際ありますが、基本低価格で高機能なフリーのCMSで十分事足りるものです。高度なWebサイトを構築するのでなければ自社にもWordPressやJoomla!といったフリーのCMSを導入されてみては如何でしょうか。

私もつい先日営業に来たWeb製作の大手と称する企業の営業マンが自社で開発したCMSを導入しませんか?と営業に来ましたが、びっくりするような金額を提示されました。確かインストールだけで200万円、デザインカスタマイズで+100万円~といったコストが掛かります。ほんとにびっくりさせられました。 確かに法人向けのサービスをしているとはいえ、フリーのCMSを使えば数十万で構築できそうなもの。

私もWordPressの導入サービスを請け負ったりしていますが、非常に低価格で提供できます。 こういったフリーのツールを上手く使って工夫すれば、コストを下げてWebサイトの構築は可能なのです。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

no image
S4 HANA 外貨評価 評価基準日

障害発生時に気づかなかったのと、SAPヘルプポータルで記載がなかったの

no image
SAP S/4 HANAの全体像を抑える

S/4 HANAに移行するプロジェクトが増えてきている中で、いったいS

no image
[SAP PS]プロジェクトとWBS要素のステータス一括更新

以前だと、プロジェクトやWBS要素のステータスを更新する場合にはプロジ

no image
[SAP PS]計画・実績計算と仕訳計上

プロジェクト・WBS要素を用いた計画と実績管理を行うプロジェクトで、

no image
[SAP PS]プロジェクトに紐付けできるWBS要素数

定義したプロジェクトに紐付けられるWBS要素の最大数は10,000だそ

→もっと見る

PAGE TOP ↑