Simple Tweetプラグインを導入してWordPressの投稿をツイッターと連動させる

公開日: : CMS, WordPress

Simple TweetというプラグインをWordPressに導入してツイッターに自動で記事を連動する設定をしてみましょう。

プラグイン追加のページからSimple Tweetプラグインを導入して、Simple Tweetの設定画面を表示する(メニュー>設定>Simple Tweet)

twitter4

設定画面ではConsumer KeyとConsumer Secretという項目に設定するコードをTwitter Developpersのサイトから取得します。
Twitterにアプリケーションを登録する。」というリングが表示されてますね。ここをクリックしてTwitter Developpersのサイトを表示しましょう。

Developersのサイトを表示すると最初にTwitterへのログイン画面が表示されるので、ログインしましょう。まだツイッターのアカウントをお持ちでなければ別途登録してくださいね。

そして、Create an applicationページでアカウントの情報を登録します。ここでは、このサイトの情報(タイトル、URLなど)を登録しておきます。

twitter2

設定が終わって内容を確認したら、最後は画像認証をクリアしてツイッター側は設定完了です。

twitter3

設定が完了したら、Consumer KeyとConsumer Secretの両コードが取得できる画面が下図のように表示されます。ここのコードをWordPress側のSimple Tweetの設定画面にセットしましょう。

twitter6

コードの設定が終わったら、Simple Tweetからツイッターへツイートする内容をWordPressのユーザープロフィールページでTwitter(Developersサイトではない)の自分のアカウントでアプリ(もしくはサイト)の承認をしてPINコードの設定しておきましょう。特に初期設定で問題なければプロフィール更新を行ってすべて完了です。

twitter5

さあ、あとは記事を更新してTwitterにつぶやかれているかを確認してみましょう!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

no image
S4 HANA 外貨評価 評価基準日

障害発生時に気づかなかったのと、SAPヘルプポータルで記載がなかったの

no image
SAP S/4 HANAの全体像を抑える

S/4 HANAに移行するプロジェクトが増えてきている中で、いったいS

no image
[SAP PS]プロジェクトとWBS要素のステータス一括更新

以前だと、プロジェクトやWBS要素のステータスを更新する場合にはプロジ

no image
[SAP PS]計画・実績計算と仕訳計上

プロジェクト・WBS要素を用いた計画と実績管理を行うプロジェクトで、

no image
[SAP PS]プロジェクトに紐付けできるWBS要素数

定義したプロジェクトに紐付けられるWBS要素の最大数は10,000だそ

→もっと見る

PAGE TOP ↑