Concrete5とBootstrap v2.3で自社サイトを構築してみて

公開日: : concrete5

先日から、自社の企業サイトを試しに作っていました。
concrete5やっぱ面白い!と思いながら、結構時間忘れていろいろいじっていたおかげで、Wordpressでサイトを製作するより、結構楽なんじゃないかという印象を持ちましたね。

MVCで区切られていて、おかげできちんとファイルの構成が分かりやすくて機能の追加やデザイン、レイアウトの追加がかなり楽でした。

特に社内SEをやっているため、自分以外でWebになれていない担当者に代行して運用してもらうことをどうにかしたかった。。。というニーズを持ってました。
で、concrete5のようにフロント画面から記事の追加や、レイアウト変更が簡単にできるものが自分のニーズにマッチしていたように思います。

一方、あまり使い勝手が良くないな~と思ったのは、、、
・多言語化がめんどくさく、多言語化のためのプラグイン導入時の初期設定が分かりにくい。
・勝手にページキャッシュが働いてくれるのはいいが、その後キャッシュをクリアしてもページの更新内容が反映されていないなど、少々動きがおかしいときがある。
・権限設定すればいいんだろうけど、操作が簡単なだけに未習熟なユーザーにいろいろ触られてレイアウトやデザインが崩れそう….
・標準で搭載されているスライド機能では、スマホで表示する際に画像が自動縮小されずでかいままだった。もう少しスマホなどのマルチデバイスを考えてほしい。

とまあ、こんだけ文句が出てきましたが、concrete5のことはとても気に入ってます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

no image
S4 HANA 外貨評価 評価基準日

障害発生時に気づかなかったのと、SAPヘルプポータルで記載がなかったの

no image
SAP S/4 HANAの全体像を抑える

S/4 HANAに移行するプロジェクトが増えてきている中で、いったいS

no image
[SAP PS]プロジェクトとWBS要素のステータス一括更新

以前だと、プロジェクトやWBS要素のステータスを更新する場合にはプロジ

no image
[SAP PS]計画・実績計算と仕訳計上

プロジェクト・WBS要素を用いた計画と実績管理を行うプロジェクトで、

no image
[SAP PS]プロジェクトに紐付けできるWBS要素数

定義したプロジェクトに紐付けられるWBS要素の最大数は10,000だそ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑