[concrete5]画像アップロード機能が超便利でうれしい

公開日: : CMS, concrete5

concrete5を使っていて非常にうれしい機能が、画像アップロードの際の「リモートファイルを読込む」という機能だと思う。この機能のおかげで、手動で既存サイトから画像データを流用する際などに非常に効率化が図れている。

concrete5の「リモートファイルを読込む」機能とは

このリモートファイルを読込むという機能は、Web上の写真をそのまま自分がconcrete5で構築しているサイトにファイルとして取り込むことができる機能。

これ、WordPressにもあるんですが、複数を一括で取り込むことができなくて、一括でやろうとすると一旦ローカルにアップロードしたいファイルを全て保存してからファイルをアップロードするといったワンクッション操作が必要で結構面倒に感じていたもの。

concrete5だと、この辺気が利いているように思う。(以下の例では、一件だけをアップロードしているが、3枚目のキャプチャ画像のように複数URLを指定できるようになっているのが分かる)

2014-03-02 01

2014-03-02 02

 

2014-03-02 03

 

2014-03-02 04

 

2014-03-02 05

ちょっとした機能だけど、すごく便利な標準機能でした。

これだと、既存サイトからconcrete5へ移行開発なんかの際も便利ですよね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

no image
S4 HANA 外貨評価 評価基準日

障害発生時に気づかなかったのと、SAPヘルプポータルで記載がなかったの

no image
SAP S/4 HANAの全体像を抑える

S/4 HANAに移行するプロジェクトが増えてきている中で、いったいS

no image
[SAP PS]プロジェクトとWBS要素のステータス一括更新

以前だと、プロジェクトやWBS要素のステータスを更新する場合にはプロジ

no image
[SAP PS]計画・実績計算と仕訳計上

プロジェクト・WBS要素を用いた計画と実績管理を行うプロジェクトで、

no image
[SAP PS]プロジェクトに紐付けできるWBS要素数

定義したプロジェクトに紐付けられるWBS要素の最大数は10,000だそ

→もっと見る

PAGE TOP ↑