concrete5 Foundation5 を導入①

公開日: : CMS, concrete5

レンタルサーバー業者がサービス撤退することと、HTML手打ちで作られた会社のサイトが中規模化に伴って運用が煩雑になってきたことを理由に、サイトをCMS化するミッションを受けて動いてます。

そこで、CMSとして検討していたのがWordPressとconcrete5でした。WordPressがよかったので、会社の余ったサーバーを使ってデモサイトを構築していたものの、上司から「やっぱり、ワードプレス使いにくい」というクレームと「コンクリートファイブの方が使いやすそう」という意見で再度concrete5で構築しなおしてます。

構築しなおすといっても、ワードプレス版からそのまま置き換えるのは面白くないので、Foundation5というCSSフレームワークを学習がてら導入してみることにしました。

以前、TwitterBootstrap3をconcrete5に導入したこともあったので、同じ感覚で導入してみました。結果は、まさにTwitterBootstrapと同じ感じで比較的簡単に導入ができて、多機能という印象です。

TwitterBootstrapに飽きた方には、導入しがいがあるのではないでしょうか?
是非、おすすめです。

次回は、concrete5でFoundation5導入してみて躓いたところなどを書きたいと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

no image
S4 HANA 外貨評価 評価基準日

障害発生時に気づかなかったのと、SAPヘルプポータルで記載がなかったの

no image
SAP S/4 HANAの全体像を抑える

S/4 HANAに移行するプロジェクトが増えてきている中で、いったいS

no image
[SAP PS]プロジェクトとWBS要素のステータス一括更新

以前だと、プロジェクトやWBS要素のステータスを更新する場合にはプロジ

no image
[SAP PS]計画・実績計算と仕訳計上

プロジェクト・WBS要素を用いた計画と実績管理を行うプロジェクトで、

no image
[SAP PS]プロジェクトに紐付けできるWBS要素数

定義したプロジェクトに紐付けられるWBS要素の最大数は10,000だそ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑