社内勉強会でconcrete5(コンクリートファイブ)を勧めてみました

公開日: : CMS, concrete5

今日の社内勉強会では、年配の上司を相手にconcrete5(コンクリートファイブ)を使って自社サイトのリニューアルをしてみませんか?
というテーマでデモをやりつつみんなの反応をみてみました。

結果から言うと、勉強会は大成功とまではいかなかったものの、一言でいえば「成功」かな。という実感です。
サイトを構築したりメンテナンスしたことがないという年配の方でも、デモを見てもらった感じでは、操作感良し、運用上のメリットも分かった。(特に、ページを公開する際にステップを踏むというワークフロー機能が気に入った様子。但し公開内容承認者が並列複数設定できないようなのでそこだけ残念だとか。。。)

concrete5ジャパンの公式サイトにリンクされている動画を見せた後、実際にプロジェクターを使って実機でのデモをやってみました。

仮で自分が作ったデモサイトを見ながら、操作の容易な点、生産性の高さなどを知ってもらえた気がします。

また、外部業者さんに依頼した場合とどれくらい機能差が出るのかとか、ワードプレスで作った場合との運用差などを説明して、初期コスト・固定費などお金のことについてもいい議論ができたように思います。

結局、今回の勉強会ではCMS、特にコンクリートファイブについて上司・同僚に説明しただけで、今後どのツールを使って自社サイトを構築するのかという議論までは出来ませんでした。

そのあたりの結論については、次回以降になりそうでしたが、取りあえずの勉強会としての目的は達成できたかな~。と思っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

no image
S4 HANA 外貨評価 評価基準日

障害発生時に気づかなかったのと、SAPヘルプポータルで記載がなかったの

no image
SAP S/4 HANAの全体像を抑える

S/4 HANAに移行するプロジェクトが増えてきている中で、いったいS

no image
[SAP PS]プロジェクトとWBS要素のステータス一括更新

以前だと、プロジェクトやWBS要素のステータスを更新する場合にはプロジ

no image
[SAP PS]計画・実績計算と仕訳計上

プロジェクト・WBS要素を用いた計画と実績管理を行うプロジェクトで、

no image
[SAP PS]プロジェクトに紐付けできるWBS要素数

定義したプロジェクトに紐付けられるWBS要素の最大数は10,000だそ

→もっと見る

PAGE TOP ↑