【書評】流れを経営する~持続的イノベーション企業の動態理論

公開日: : 書評

この本での学びは、イノベーションを起こし続ける企業には知識創造プロセス(流れ)をコントロールするために仕組み・枠組みが必要だということ。但し、形式を重んじろといっているわけではなく普段から得られた知識を有効活用及び蓄積して次のイノベーションにどう活用するかを考えながら実践と検証を繰り返すような風土とか場(コミュニティとかチーム)を作る必要があると言っているように感じました。

まあ、その通りだろうな~という感じですね。

また読みやすさに関しての感想ですが、この本、表題から言って、堅苦しい感じですが学者さんが書いているからでしょう。まさに論文そのもので読む人によれば難しいと思います。

ただ、学者さんが書いている論文形式だからか文書構造の型が決まっていて読む必要があるところと必要に応じて読むところが切り分け易かった印象で、全てを読む必要はないといった感じです。ただ、全体的に文章がカタい。読む人によっては非常に読みにくく難解でしょう。私も難解な文章に感じました。

値段も高めですし、おすすめかと言われれば「う~ん」と困ってしまいます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

no image
S4 HANA 外貨評価 評価基準日

障害発生時に気づかなかったのと、SAPヘルプポータルで記載がなかったの

no image
SAP S/4 HANAの全体像を抑える

S/4 HANAに移行するプロジェクトが増えてきている中で、いったいS

no image
[SAP PS]プロジェクトとWBS要素のステータス一括更新

以前だと、プロジェクトやWBS要素のステータスを更新する場合にはプロジ

no image
[SAP PS]計画・実績計算と仕訳計上

プロジェクト・WBS要素を用いた計画と実績管理を行うプロジェクトで、

no image
[SAP PS]プロジェクトに紐付けできるWBS要素数

定義したプロジェクトに紐付けられるWBS要素の最大数は10,000だそ

→もっと見る

PAGE TOP ↑